ページの先頭です

ニュース&ブログ

木工教室 栃木県 宇都宮近郊 鹿沼市 森戸工房(木工家 森戸雅之氏 主催)/岸邦明

2016年4月21日

森戸工房8

[鹿沼市 例幣使街道沿いの森戸工房(Red Wood Atelier)]

栃木県鹿沼市で開催されている木工教室です

①開催日  ・土曜日 第1 第3週 ・日曜日 毎週

②時間   午前コース 9:00~12:00(3h)

      午後コース 13:30~16:30(3h)

③定員   8名

④受講費  3,000円/1回

⑤場所   栃木県鹿沼市武子2017

      電話番号 (0289)63-1535

⑥講師   森戸 雅之

      広瀬 晃(客員)

森戸工房1

[教室の様子 ゆったりしたスペースで制作できます]

木工家 森戸雅之氏が主催している木工教室です。

鹿沼市の例幣使街道沿いに建つ家具工房にて週末に行っています。

20年以上に渡り木工教室を開催している老舗の木工教室。

多くの方に木工の素晴らしさを伝え続けています。

「家具をつくる」ということ、「ものづくりをする」ということがどういったことなのか、

この教室でしっかりと学び、体験することができます。

ぜひ、見学に行ってみてください!

森戸工房2

[手道具・機械加工を少人数制で学べます]

森戸雅之氏は私、岸邦明の師匠であります。

私は品川職業訓練校木工技術科を卒業した後、木工家 森戸雅之氏に弟子入りさせていただきました。

「木工家として家具工房を生業にする」ということがどういうことなのか、「ものづくりをする」ということが

どういうことなのか、木工家としてすべきことを大変多く学ばせていただきました。

森戸師匠は金沢美術工芸大学油絵科卒業後、家具工芸の道に入り、日本人として初めてジェームズ・クレノフに

弟子入りした日本人です。

ジェームス・クレノフはスタンドキャビネットという木工芸の分野の第一人者で

世界中に熱烈なファンを持つすばらしい家具作家です。

世界でもっとも有名な家具学校のひとつであるスウェーデンのカールマルムステン工芸学校にて教授をした後、

アメリカ カルフォルニア州にて自ら木工学校を開校し、指導しながらも作家活動をし続けた偉人です。

そのクレノフに「日本には戻らず、このまま私と一緒に家具を作り、働かないか」と言わしめた森戸師匠もまた、

本当にすばらしい才能を持つ家具作家です。

森戸工房5 森戸工房3

[森戸雅之師匠の作品 併設のショールームで見ることができます]

日本においては「椅子」がデザインとして取り上げられることが多く、ハンス・J・ウェグナーやフィン・ユールは

誰もが知る有名人であり、日本人なら柳宗理氏や長大作氏、今活躍されている方なら小泉誠氏など

椅子が好きな方なら、何人も何十人も名前が出てくるかと思います。

ただ、欧米ではむしろキャビネットの方が木工芸として注目されることが多く、

ジェームス・クレノフは、その分野において最も偉大な業績を残した木工家のひとりであり、

森戸雅之師匠は日本人としてその道を進み、最もすばらしい作品を生み続けている木工家です。

しかし残念ながら、日本においてはそうした分野があることさえ、ほとんど知られていません。

森戸雅之師匠が日本が誇るキャビネット作家として、日本が知る日が来ることが私の夢のひとつであります。

それを身近で知ることができた私自身がもっとがんばり、発信することができるように早くならなくてはなりません…

森戸工房6

[森戸雅之師匠(右)]

森戸師匠が主催する木工教室は、欧米における最高クラスの木工芸を学ぶことさえできる

日本唯一の木工教室だと思います。

もちろん日本で長きに渡り作家活動をし続けていますので、日本のすばらしい手道具や木工の技術も学べます。

その両方を学べる場所は、やはりここにしかないのかも知れません。

 

私は2年程しか、近くでその技を学ばせてもらえる時間を持つことができませんでした。

そのため、欧米の技術については、残念ながらそう多くを学べませんでした。

今の私は、日々の制作や納期に追われ、まったく作家のような活動もできていません。

森戸師匠の下で学ばせていただけたことを、日々の仕事の中で、活かし切れてもいません。

学んだことをかたちにするような作家活動をすることが、今の私の一番の目標です。

 

もしそうした木工芸に興味をお持ちであれば、ぜひ森戸工房を訪れてください。

もしそうした分野に進みたい方であれば、美大や専門学校で大金と出して学ぶことよりも、

実に重要で大切なことを学ぶことできると思います。

 

岸邦明