ページの先頭です

ニュース&ブログ

ロッキングチェアの制作③/田山

2017年11月23日

こんにちは。

制作の田山です。

引き続きロッキングチェアの制作について書いていきます。

木取り、木づくりが終わるとホゾ穴加工に入ります。

ロッキングチェアという常に動くものなので、通常の椅子よりさらに接合強度が必要となります。

なので今回は2段ホゾとしました。

また、幕板が1列で一周ぐるっと回るような作りにしているので、穴が中で貫通している格好になっています。

IMG_7825

加工は、まず角度治具を作ります。

その治具にのせて、角のみという機械で荒取りし、そのあと鑿で手で仕上げていきます。

IMG_7823

角度が少しでも狂ってしまうと、うまくいかなくなってしまうので、加工はかなりシビアです。

ゆる過ぎると強度不足になり、ほんの少しでもきつ過ぎると割れが入ってしまいます。

適度な按排で、角度も正しくなければならず、とても緊張感のある加工でした。

ソリの部分のホゾ穴は、角度治具にのせ、ボール盤でこちらも2段穴にします。

IMG_7824

ホゾ穴が掘り終わると、ホゾの制作に入っていきます。