ページの先頭です

ニュース&ブログ

オーディオラックの制作/淺井

2018年10月29日

こんにちは。

制作の淺井です。

 

現在、ここ神楽坂では「まち飛びフェスタ2018」が開催されています。

これに合わせ、当工房ではオーディオをメインとした、無垢家具工房ならではの展示を行っています。

無垢材とオーディオがどのような融合をしているか、神楽坂にお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

さて、今回の展示会コンセプトに近いオーダーがありましたのでご紹介致します。

ご依頼はオーディオラック。

前扉を閉じた状態でも中のオーディオ機器がリモコン操作でき、状況に合わせて仕様変更できるように。

材料は黒っぽいものがご希望でした。

 

お客様の言葉の中からヒントをかき集め、打ち合わせを重ねる中で、漠然としたイメージを具体化して提案していきます。

今回は樹種に高級感のあるブラックウォールナットを提案。

トップの天板をジョインター使用でノックダウン式にし、用途に応じて一段分増減できるようにしました。

重量のあるオーディオ機器が収まるので、部材にはある程度の厚みを持たせ、しっかりとした作りにする必要があります。

しかし、厚みが増せば増すほど、野暮ったさが出てきてしまいます。

そこで、扉にガラス、本体の一部に革という異素材を持ってくることで、重厚感を残しながら、

タイリッシュさを持たせるようにしました。

 

制作の進行状況を逐次ご報告し、要所要所でご来社いただき、お客様のイメージと相違ないかを確認しながら進めていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木目の向きひとつ、ハギ口の作り方ひとつで出来上がりの印象は大きく変わります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プロとしての意見をお伝えしつつ、お客様にとっての最善の選択を探してしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 総無垢で重量があるため、それぞれの工程が力仕事になります。

 image1 image2

完成です。

ブラックウォールナットの黒、革の黒、ガラスの黒。

image3

色は同色でまとまっていますが、それぞれの色差が立体感を生み、木の野暮ったさも軽減されているのではないでしょうか。

特徴的な木目も上手く活き、オーダーメイドならではの仕上がりになりました。

 

お客様にもご満足いただき、無事納品完了です。