ページの先頭です

ニュース&ブログ

5月6日(水)までの木工教室の休講のお願い

2020年4月10日

4月7日、特別措置法に基づき、内閣総理大臣より『緊急事態宣言』が発出されました。

また都知事より本日10日に、具体邸な施設や職種に対して、休業要請が出されました。

神楽坂木工教室は、休業要請を受けるような大型施設ではありませんでした

「100㎡以下のサービス業」に当たり、自主判断の対象となりました。

 

当教室は、下記のような3密を避けるための対応も、これまでもして参りました。

①建物の3方の窓を開け、教室手加工空間の2方の扉を開け、換気し続ける

②生徒同士の席の間隔を最低1m以上空ける

③講師・生徒を問わず、マスクを着用する

 

ですが、もし現時点で教室を開講したとしても、皆さまが不安の中で通われ作業することになると思います。

この不安が和らぐためには、欧米とそして日本が、これからの数週間で状況が好転し、

新型コロナウイルスの性質が、ある程度明確にならなくてはならないと感じています。

 

大変申し訳ありませんが、5月6日(水)までの教室を休講とさせてください

全ての生徒さんにとって、4月度の教室がお休みとなります。

この振替は、感染リスクが弱まった頃に改めてご案内させていただきます。

第5週や平日のなかで、教室の設定がない日を活用し、特別振替日としていきます

皆さまのご理解ご協力の程、何とぞよろしくお願いいたします。

————————————————————————————————————————————-

教室の生徒数は現在約250名になります。

新型コロナウイルス感染防止のためのお休みが始まる前の段階では、振替残が無い方が多く、全体の6割でした。

1回の方が2割程です。この4月度の2回分の振替を合わせても、全体の8割の方が3回以下となります。

特別振替日も設定しますので、半年程度でほとんどの方が振替をお取りいただくことはできると考えています。

 

5月7日の再開を目標としています

下記がスケジュールとなりますのでご確認ください。

皆さんと笑顔でお会いできることを楽しみにしていています。
(↓下の画像をクリックするとPDFが開きます)
教室カレンダー202005

もし開講できなかった場合は5月度の教室は閉鎖する予定です

これ以上教室全体として振替残を増やし、皆さまにご不便をお掛けすることはできないと考えています。

 

——————————————————————————————————————————————

「不要不急の外出を控えるよう」と3月26日に都知事から要請がありました。

それに基づき、多くの方が出来る限りの対応をし始めたと思います。

そしてついに「緊急事態宣言」も出され、多くの企業が休業を始めました。

そして本日出された休業要請。「ゴルフ練習場は休業の必要なし」

素直に解釈すれば、「ゴルフの練習は不要不急でない活動のため、一生懸命練習してください」になります。

もはや私が苦手だった「読解力テスト」ですが、

こう心の中でツッコミを入れ、不正解となったのは私だけではないと思いたいです。

「新型コロナウイルスの脅威」を正しく理解し、的確に生きていく方法を国や国民が見出すまでには

まだまだ時間が必要なのでしょう。

わたくし岸の長女は6日に小学1年生となりました。20分の入学式のみでGWまで休校です。

厳戒態勢の入学式の後には、濃厚接触の学童で超接近戦で遊んでいました。

生活の中で起きる様々な表裏一体。禅問答のような日々が続いています。

 

アクロージュファニチャー

岸邦明