ページの先頭です

ブラックウォールナットの大鋸目アンティーク仕上げのテーブル - すわる くつろぐ -

テーブルサイズ(大)     W2400×D1200×t700 
テーブルサイズ(大)     W1200×D650×t700  
使用木材           ブラックウォールナット無垢材
               パイン無垢材 他

そば居酒屋さんで使用するテーブルの制作依頼をお引き受けしました。
テーブルの天板サイズは2400mm×1200mm。かなりの大きさです。
・予算は抑えて
・掃除し易いよう動かせる重さに
・存在感はあるように
・長く使えてメンテナンスが楽なように
などなど要望が並びます。
納期がない中、材料探ししている時間はないので、在庫の中から「これぞ」という材を持って、店舗改装初日にご提案にうかがいました。

材は人気の高いブラックウォールナット。
その45cm幅の丸太挽きの共材を使用することにしました。
贅沢な3枚はぎで、木目も同じようになります。

存在感を出すため、耳を残すことにしました。
グラインダーで一皮むき、きれいにします。

今回のテーブル天板。
おそば屋さんで使用することもあり、製材所で割いたときの鋸目をそのまま活かすことにしました。

平面出しをしない訳ですから、手を抜いているように思われるかも知れませんが、そうではありません。
製材し、数年間乾かし、人工乾燥機に入れ、工房に来てから立て掛けられ、そういう年月を経る中で反ったりねじれたりしない材はとても稀です。
今回の板は9分(27mm)の厚みですが、その厚さに割いて、くるいがでないことは奇跡的な素性の良さとなります。

奇跡的に素性の良いとはいえ、真っ平らという訳にはいきません。
この大きな板を、その段差が生じないよう、あらゆる技術を駆使しはぎ合わせていきます。
一番の勝負どころです。

塗装はシックなアンティーク塗装としました。
オーナーがイギリスアンティークが好きとのことで、そうした雰囲気に仕上げました。
培ってきた経験から、ご要望の風合いにしていきます。
と同時に店舗使用にも耐えられるように仕上げます。
存在感たっぷりな天板になりましたね。

店舗の引き渡し当日に納品に。
まだまだ、改装作業は続いています。
その隅にスペースを設け、私たちも組み立てます。
脚は座り易さを優先し、4隅脚にしました。

右側の小テーブルの天板も同じ仕様で制作し、お納めしたものです。

改装作業が続く中、テーブルの設置が完了しました。
まだ、椅子も照明も整っていませんが、記録写真を一枚。

「いい仕上がりですね ありがとうございます」
「新規としては一号店になるので、想い入れがあるんです」

商売繁盛の一助になれば幸いですね。
十割そばが食べられるそうです。

天晴酒場 (アッパレサカバ)
東京都中野区東中野5-3-6 東中野トーシンビル 1F
03-6908-8835