ページの先頭です

コーヒーテーブル - すわる くつろぐ -

サイズ    W770×D420×H400

使用木材   イタヤ楓(北海道)

「コーヒーテーブルとして使えて、テレビ台にも使用できるように作れませんか」とのご依頼がありました。
汎用性を持たせるため、構造はシンプルでありながらも、「何かプラスとなる意匠を込められないか」と悩みました。
一枚板が持つ、美しさや力強さをご提案させていただき、お客さまの好みの白系の材で制作することになりました。

白系の一枚板の在庫が充分にはなかったので、丸太探しから始めました。
選んだのはイタヤ楓という日本の木。木色も良く、幹幅も40cm近くと丁度良いサイズでした。

天板や棚板は板の曲線部を活かして、扇形にしました。
全体の木目が繋がってみえるように、天板と側板の接合部は留め加工というホゾが見えない45度の仕口とします。
樹皮の残る側面は彫刻刀で木目に沿って掘り込むことで表情を付けました。
ちぢみという杢も見られ、美しい板の家具に仕上がりました。

シンプルな形の中に、なかなか良く意匠を込められたと思っています。