ページの先頭です

座卓の修理・修繕(漆塗り) - しゅうり しゅうふく -

サイズ  W750×D750×H400
使用材  桂(かつら)
塗装   漆(鎌倉塗り)

古い座卓の修理をお受けしました。
想い入れのある物で、何とかきれいに再生したいとのお話しでした。
状態はかなり悪く、塗装は剥がれ、脚もグラグラ、激しく傷んでいました。
材はかつら、鎌倉彫りの装飾がしてありました。
大掛かりな修復となります。

まずは全ての脚を外し、きれいに清掃します。
形を失っているほぞは、接ぎ木して加工し直します。
ほぞ穴も成形し直し、再接着。ぐらつきを無くし、しっかりと固定します。

塗装は本格的な漆塗り。それも塗るのが難しい鎌倉塗り。
鎌倉塗りを得意とする塗師にお願いして、塗っていただきました。
天板上部には布着せをして落ち着いた朱塗りで仕上げます。
枠や脚は鎌倉塗りで。すっかり蘇えりました。

一切、手を抜かずに塗り上げた座卓は、できた当初よりも立派な状態になったのではないでしょうか。