ページの先頭です

椅子の修理・張り替え・仕様変更 - しゅうり しゅうふく -

椅子の修理と仕様変更のご依頼をお引き受けしました。
長年の使用で、あちこちの塗装がはがれていました。
クッションや座面のテープも傷んでいます。
脚の材も一本無くなっていました。

修理は手間のかたまりのようなお仕事です。
まずはペーパーを当て、傷んだ塗装を全て削り取っていきます。
隅の塗装もきれいに全て取らないと、再塗装時むらになります。
根気と握力のいる作業が続きます。

ひとつの椅子はオットマンとして再利用したいとのこと。
座面の傾斜がゆるやかにあったので、上部分を切り離して
そのまま使用することにしました。
欠損していた脚を制作接着し、再塗装。
テープも貼り直します。

クッションを制作し、無事完成。
もともと同じ椅子が2脚だったとは、気付かないないかも知れませんね。
年月を経た木の風合いがプラスされ、とても雰囲気のある椅子に蘇えりました。

「主人がこの椅子の座り心地が一番いいって言ってたので、また使えるようになって良かったわ」
「捨てずにお願いして良かったです」

修理はお客様が「想い入れのある家具」をよみがえらすお仕事です。
きれいになって再会した時に見せる、喜んばれるお顔を見ることができるのが何よりものご褒美です。
私たちの仕事がお役に立っていることを実感でき、幸せになります。