ページの先頭です

インド産テーブルの修繕・再塗装 - しゅうり しゅうふく -

ダイニングテーブルの高さ変更と修繕・再塗装の依頼です。
お客様が以前インドで購入されたもので、
もともと2枚の板だったものをはぎ合わせてテーブルにしたものでした。
表面のペンキがペリペリとはがれ、
脚部も塗装がはがれたところから錆び始めている状態でした。

天板は板全体に横反りがあり、思い切って真ん中で一度切断し、
はぎ直すことにしました。
うねるような縦反りと部分的に厚みの違いがある2枚の板を
そのままはぎ直すことは簡単なことではありません。
はぎ口を合わせビスケット加工の高さ、角度を
ひとつひとつ調整しながらの作業です。
目地をならし、周辺と色合わせをして違和感のないように仕上げました。
裏側の幕板も調整し、塗装がはがれかけて浮いている部分もはがし、
シミを洗い、バリを整え、やっとのことで再塗装にたどり着きました。
木端は少し色調整を施し、すっきりした印象に仕上がりました。

脚は高さをカットし、足先の形を整え、再塗装です。
こちらもはがれかけていた塗装ははがし、
下塗りにさび止め塗装を施しました。
白色で上塗りをし、完成です。

海の近くにお引越しが決まっているということで
とても雰囲気のあるお部屋になりそうですね。