ページの先頭です

ナラ無垢材座卓 修繕 - しゅうり しゅうふく -

ナラ材の座卓の修繕です。

もとの塗装はかなり傷んでいて、
ところどころ木地まで水が浸透して変色しているような状態でした。

全体的に電気鉋で一皮むき、平滑を出し直す作業をしました。

鉋をあてると板の反りもよくわかりますね。
反り止めがはいっている天板でも、木が反り始めたら
完全に止めることはできません。
場合によっては、とめているネジや金具が折れたり切れたりしてしまうくらい
木が動こうとする力はとても強いものなんです。

脚部も一度塗膜をはがし、木地の状態にします。

自然なナラの色に戻りました。
木の肌も塗料も、年月とともに黄変していくものがほとんどです。
特にナラや、メープル、ブナなど、白っぽい肌のものは
その変化が大きく現れます。
古い塗膜を剥がし、木の表面も仕上げなおすことで元の色味に戻ります。
その差が大きいため、木地調整の段階でしっかりと均一に整えておくことが
大事になります。

この新しい表面も年月をかけてまた、変化していきます。
そういった木の経年変化も楽しんでいただけたらと思います。