ページの先頭です

スピーカーBOX制作(TANNOY AUTOGRAPH) - ねる まなぶ あそぶ -

  • サイズ    W1075×H1525×D658
  • 重量     約100kg (正規品は101kg)
  • 使用木材   フィンランドバーチ(フィンランド)
  •        ナラ無垢材(北海道)

ある日、「TANNOY AUTOGRAPHというスピーカーBOXを製作できませんか」と男性が訪れました。
自分も憧れているスピーカーのひとつで、完品が高額なことぐらいは知っていました。
「作れるものなら、自分もいつかは…」などと思いつつ、制作をお引き受けしました。

スピーカー材には一番良いとされている、フィンランドバーチ積層材を購入。
お客様の方で用意された原寸図面を頼りに、切り出して行きました。

「切って貼って」くらいに思っていたのも束の間、膨大な仕事量だと分かって来ました。
とにかく直角な箇所が少ない。僅かな角度の違いで隙間が生じる。振動するものなので隙間は命取り。
ホーンのところを作るだけでもひと苦労。しかも、とにかく大きい!

本体は更に試練の連続。大きいのなんの。
固定は細いビスを使用してですが、下穴を開け、仮組し、一度分解しての繰り返し。
「いつになったら終わるのだろう」と、もはや制作日を数えるのをやめてしまいました。

苦労の末に出来上がってきたのは、もはやロボットのよう。
これが2台なので、狭い工房はもう逃げ場がなくなっていました。

何とか本体が完成。
もう力尽きていましたが、まだカバーが必要です。
天板や底板の見付、台輪はナラの無垢材で制作しました。
カバーもナラで制作し、正面からはきれいなナラのスピーカーに見えます。
布地を張って、塗装もしてついに完成!

最重量級のスピーカーは納品するのも簡単ではありませんでしたが、設置の瞬間は感無量~
その場でスピーカーユニットを付けて試運転。
その音色にお客様も満足してくださり、「無事終わって良かった~」