ページの先頭です

キッチン・洗面台・下駄箱の制作設置 - かざる のせる かける しまう -

キッチンサイズ    L2230×D650×H900
洗面台サイズ     L850×D600×H800
鏡サイズ       L600×D600×D40
下駄箱サイズ     L1280×D380×H600
使用木材       ラワン合板 他

設計士からの依頼で自邸のリフォーム物件の家具を制作しました。
築40年以上の歴史あるマンションの仕切り壁や壁面を全て取り外し、創建時のコンクリートをむき出しにして、新たな壁としています。
当時の工法が分かり、歴史を感じさせる壁や天井でありながらも、シンプルモダンな部屋へと様変わりしました。

制作したキッチンも、合板の積層がそのまま見える、思い切った仕様です。
引き出しや前扉もなく、斬新なデザインながらも、どこか昔のキッチンを彷彿させます。
材は当時多用されていたラワン材で、アンティーク調に塗装を施しました。

無垢の家具工房として、力を入れたのは天板です。
最高級のミズナラの柾目材を使用。それも全て同じ丸太の共材です。
木目や色味が統一された美しい天板になります。
角は全て留め仕口という45度で接合してあり、正面から見ると分厚い一枚板のように見えます。

キッチンの全容です。
華美な装飾は何もなく、余分な物は何も要らないという、究極的にシンプルな生活が目に浮かびます。
上質なミズナラの天板がしっかりと品を保ってくれていますね。

お風呂場兼洗面スペースとなる空間です。
創建当時の壁面・天井・床全面に、白ペンキを塗り仕上げています。
総白漆喰のようにも感じさせます。

取り付けた洗面台と鏡です。
こちらも同じ丸太のミズナラで制作しています。
これ以上ないくらいにシンプルな物ですが、こちらも上質なミズナラが空間に暖かみを与えていますね。

蛇口はまだ付けられませんでしたが、きれいに納まりそうです。

玄関スペースに取り付けた下駄箱です。
宙に浮いた箱のようなデザインをとのことで、素性の良いラワン合板を使用し、こちらも華美な装飾が一切ないシンプルな箱にしました。
ひとりの靴スペースは9足くらいです。
断捨離ができる素敵なご夫妻ですね。

「いかがですか?」
「十分に良いです。ありがとうございます」
物件探しから2年を要したそうで、
「やっと終わりそうです…」
新生活の始まりですね。