ページの先頭です

本棚の制作設置 - かざる のせる かける しまう -

サイズ    H1800×W900×D300(×2台)

使用木材   ラワン合板、ラワン無垢材

製品としては珍しい引き違い扉の本棚を制作しました。

サイズは高さ1800mm×幅900mmが2台という大きなものです。
ベッドサイドのスペースに置かれるため、奥行きは300mmほど。
壁に直接ビス止めすることができないため、2台を現地で接合し、天井との隙間にカンザシを打ち込み固定しました。

材料は素性の良いラワン合板を使用し、縁にはラワン無垢材を貼りつけています。
扉は反りを極力防ぐため、フラッシュで制作しました。
ひとつひとつのパーツが大きいため、仮組、接着、仕込み作業も容易ではありません。

大きな扉をスムーズに動かすため戸車を採用。
それに合わせて本来は金物のレールを使用するのですが、今回は各条件を考慮し花梨の無垢材で自作しました。
花梨は木材の中でも堅く、塗装後の木色が鮮やかなため、機能性、意匠性共に優れた材のひとつです。

棚板は既存の棚柱を埋め込み、自由度の高い可動棚にしました。
読書家のお客様のご要望通り、大容量の本が収納出来そうです。

全体の統一感を考慮し、手掛けも無垢材のものを使用。
閉扉時に金物が見えないように工夫することで、スマートな既製品とはまた違ったオーダーメイドならではの雰囲気に仕上がったのではないでしょうか。

合板とはいえ、塗装と研磨を丁寧に繰り返すことで僅かな艶を帯び、高級感が生まれます。
特に綺麗で素直な木目の材を扉に使用したため、大きいながらもうるさくなく、圧迫感も感じ難くなったのではないでしょうか。

引き違い扉の本棚を探していたがなかなか良いものが見つからず、当工房へオーダーの依頼を下さったとのこと。
「これで本が綺麗に片付きます」
決して安くはない買い物だと思いますが、本を大切にするお客様の気持ちが感じ取れました。
そんな思いのひと役を果たせたなら、作り手として嬉しい限りです。