ページの先頭です

ウォールナット飾り棚の制作設置 - かざる のせる かける しまう -

サイズ    H900×W1600×D170

使用木材   ウォールナット化粧合板、ウォールナット無垢材

綺麗なウォールナットの化粧合板を使用した飾り棚を制作しました。

2枚のガラス扉が並列しており、「奥行きを小さくしたい」というお客様のご要望をかたちにしました。
縁と扉にはウォールナットの柾目無垢材を使用しています。
全体のラインを細くすることで、スタイリッシュな仕上がりになりました。

3分割されたデザインですが、すべてが一体になっています。
このため設計の段階で接着工程を考慮し、数回に分けて接着を行う必要があります

現地で巾木に合わせて台輪の削り合わせを行い、隙間なく取り付けます。
キッチン裏に綺麗に納まりました。
扉を左右に寄せた時、側板が見えないよう、納め方の工夫をしています。
これによって余計な縦のラインが消え、よりスマートな印象になります。

「奥行きは減らしたいが雑誌が収納できるようにしたい」
このご希望を叶えるため、向かって右側に大判の本が立てて収納できるブックスタンドを設けました。
決められた寸法の中で最も使い勝手が良い角度を、実寸模型を作って検討しました。
見せる収納としても一役買ってくれそうです。

向かって左側には一部可動棚を採用。
飾りたいものに合わせて取り外しができます。
試しにカップと小瓶を置いていただきました。
使い方次第では、収納全体が立派なインテリアになりそうです。

お部屋の雰囲気とも良く合い「とても綺麗ですね!ありがとうございます。」と。
見た目以上に難しい制作でしたが、細かな工夫にも喜んでくださり、お客様のイメージ通りのものをお納めすることが出来ました。