ページの先頭です

ナラの総無垢材の本棚 - かざる のせる かける しまう -

サイズ   W1600×H2290×D405
使用木材  ミズナラ(北海道)

工房を始めた頃、大きな本棚の制作の依頼をお受けしました。
ナラが好みだと言うことで、ナラの総無垢で制作することに。
下部は引き出しと扉が4セット。上棚はオープンの可動棚の本棚になります。

それまでの技術と知識を最大限に発揮し、妥協なく作ろうと取り組みました。
ねじれや反りを防ぐために全てのパーツを柾目材で框組にしました。
框の中の鏡板も柾目材のブックマッチに。
ほぞも本格的な仕口(小枘立て追入れ接ぎ)を施しました。

背板はナラ無垢の本さね羽目板。
可動棚も全て框組にしました。

引き出しと扉はインセットという本格的な仕様にしました。
引き出しの前板の仕口は昔ながらの包み蟻組みに。
扉の框は虎斑がきれいに入っています。鏡板は目の積んだ一枚板を使用しました。
取り付けは最高級の真鍮の丁番を使用。
「全てやりきったな~」

無事に納めた本棚。
総無垢なのでずっしりと重量級な本棚ですが、框組によってギリギリまで板を細くしたのですっきり仕上がったと思っています。

実は…
5月に取り組み始め、お納めしたのは年末でした。
最後は応援も頼んで全力で制作しましたが、納期を3ヶ月オーバー。
事情は説明していましたが、お客様から納期遅れのお叱りをいただきました。
あ~、何やっているんだろう…
「良いものを作ればいいってもんじゃないよなー」
大きな反省と勉強をした制作でした。