ページの先頭です

ブラックウォールナットの収納台の制作 - かざる のせる かける しまう -

サイズ  H850×W1650×D600
使用木材 ブラックウォールナット無垢材

珍しい制作のご依頼をいただきました。
「オーダーメイドでしか実現することが出来ず、複数の会社に問い合わせをしたが、一番初めにしっかりとした返答があり、直接会って話を聞かせて欲しいと言われたのは1社だけだった」と。
これが当工房にご依頼いただくきっかけになったとのことです。

一見デスクの様にも見えますが、よく見ると何となく違うのがわかります。
天板の下には引き出しが3杯あり、前垂れの扉があります。
この扉は開閉式で、手前に開いた後そのまま引き出し下にスライドして収納する事ができます。

前面には特徴的な木目の材を選びました。
引き出しと扉の木目の配置にも意図をもった木取りをしています。

材料にはお客様のご希望でブラックウォールナットを使用。
いつも通り木目や色味から材料を吟味し、木取りをしていきます。
寸法の指定はありましたが、その他についてはほぼお任せいただきました。

ある程度大きさがあるものなので、接着も2人掛かりで行います。
引き出しと前開きの扉があるため、直角も正確に出ている必要があります。

前扉の取り付けはこちらから提案させていただきました。
意匠的な意味と機能的な意味両方向から考えた時、構造上上手く収まるのであれば、あった方が良いのではないか、という結論に至りました。
試作で問題ないことを確認し、お客様に提案。
取り付けや仕込みに手間は掛かりますが、お客様の期待以上の仕上がりを目指します。

今回は総無垢で制作しているため、木の伸縮を考え、背板ははめ殺しで収めました。
見た目もすっきりし、引き出しの奥行も確保できます。
やはり、塗装を終えたブラックウォールナットの高級感は、不動の人気樹種である事を納得させる魅力があります。

今回のご依頼は猫のトイレを視覚的に隠す収納付きの台でした。
中に4つの猫用トイレが収まります。
掃除のため頻繁に出し入れすることから、当初は全面開放でご検討されていましたが、容易に開閉できる扉にすることで、視覚的な問題を解決しました。

確かに市場に売られているような製品ではないため、オーダーメイドか自作か、という選択になります。
引っ越しを機に、長く使えて家具として部屋におけるものを、と考えた時にオーダーメイドという結論に至ったのはごく自然な流れのような気がします。
「とにかくかっこいいです!」
「この上で猫たちが気持ちよさそうに寝ている絵が想像できます」
まだ何もない綺麗な部屋にこの収納がひとつだけ置かれています。
これを第一歩として、ここからお客様の新しい生活が始まっていくのだと思うと、家具を作ることの責任とやりがいを感じ、身の引き締まる思いがします。