ページの先頭です

無垢の本棚(サペリ マホガニー) - かざる のせる かける しまう -

サイズ   W570×H925×D210 (2台)
使用木材  サペリマホガニー(アフリカ)

本棚の制作の依頼をお受けしました。
「横に並べても、縦に載せても使用できるようにてほしい」とのこと。
幅や奥行きは置く場所や入れる本の大きさから計算して決めました。
材は赤茶系が良いとのことで、サペリマホガニーというアフリカ材をご提案しました。

今回気を付けなくてはならないのが、全てが可動棚になるということ。
無垢の本棚で固定棚が無い場合、反ったりし難い非常に素性の良い材が求められます。
21mm厚と薄く仕上げるためには特別な良材でなくてはなりません。
本柾目で木目が通直で充分乾燥している薄材が必要です。

ただ、サペリマホガニーは本柾目がほとんど流通していません。
欧米で製材され、輸入される材には柾目材がほとんど含まれていないからです。
材木屋さんをいくつも回り、やっと適した材に出会えました。

置く予定の本やCDの大きさから可動棚のベストのピッチを割り出します。
今回は27.5mmが一番使い易いことが分かり、本棚全体の高さも決まります。
台輪を外せば6角穴のネジで固定し、縦式にもできるようにしました。

柾目が美しいサペリマホガニー。シンプルなかたちの本棚を美しく見せてくれますね。