ページの先頭です

木工教室

神楽坂木工教室のご案内

アクロージュファニチャーはこれまで10年以上に渡り木工教室を開催してきました
のみや鉋などの手道具を正しく使い 木工芸品を制作する木工教室として、
初心者の方だけではなく多くの木工のプロ 愛好家も参加してきました
のみや鉋、鋸の基本的な扱い方から一歩一歩始めていきます
本格的に木工を学んでみたい方、歓迎します。
一年後、あなたもしっかりとした家具が作れるよう頑張ってみませんか

コースのご案内

・空席情報! 第1.3週水曜午前、木曜午前(各1席ご案内できます)
9月26日現在

  月2回 / 1コース
第1・3週 午前コース
8:30~12:30
-
午後コース
14:00~18:00
-
第2・4週 午前コース
8:30~12:30
-
午後コース
14:00~18:00
-

※◎…開講中 〇…開講予定(集まり次第開講します)
※月2回 / 1コースとなります
※途中15分程度の休憩をとります
※ご都合により参加できなかった日の振替を取ることはできます(他の日時の方が休まれ、席に空きがあれば)

■土・日曜日のコースは、満席となっています
空き待ちの登録を受け付けています
現在であれば、数カ月程度でご案内できる可能性があります

場所

東京都新宿区築地町6番地 北星ビル2階
東西線 神楽坂駅 徒歩4分
有楽町線 江戸川橋 徒歩5分
JR 飯田橋駅から 徒歩13分

・基礎的なことから丁寧に進めていきます
 木工は初めてという方も、安心して学んでいただけます

・神楽坂工房にて、教室の見学ができます(体験教室は行っておりません)
 ご希望の方は、ご連絡ください

・教室生徒用の駐車場はありません
 近くにコインパーキングが多数あります(土日1,000円/平日1,500円程度)

月謝

10,800円(税込) / 1コース
※別途、教材費がかかります

〇初回(1ヶ月目)にかかる費用
・教本費(木材加工系実技教科書)3,024円
・練習材木費600円

〇3ヶ月目にかかる費用
・練習材木費1,200円
・鋸刃1,900円~

〇5ヶ月目以降にかかる費用
・制作する物によって変わりますが、大きな物は制作時間を要するので
平均すると2,000円/月程度の材木費がかかります

定員

12名 / 1コース

お問い合わせ

当工房まで、ご連絡ください
木工教室をお申し込みの方
木工教室のお問い合わせの方
お電話でのお問い合わせは
03-6265-0241
090-5990-7735(岸携帯)

講師2名体制です
岸 邦明    淺井 智弘
田山 康平   安岡 ちあき
佐々木 毅   荒木 美和

[神楽坂木工教室について]

〇神楽坂木工教室は教室専用スペースを有し、手道具、電動工具、木工機械等、家具を制作する上で
必要なものが全て用意してあります。全くの初心者でも気軽に始めることができます。

〇講師陣は、一級家具製作技能士などの国家資格を持ち、日々無垢の特注家具を制作しているプロの家具職人たちです。参加者それぞれのレベルや目的に合わせ、木工の奥深さ楽しさを伝えています。教室という形ではありますが、プロ顔負けの高いレベルで家具が制作できるようお伝えし続けています。
本格的な家具が制作でき、本格的な木工を学べる教室としては日本一の規模を誇っています。

〇神楽坂木工教室では特に20代~40代の女性の参加が増えています!DIY女子が話題にもなりましたが、より本格的な家具やインテリアの制作を目指し、多くの女性が通っています。

〇体験・習い事・ものづくり・本物志向、色々なきっかけで、皆さんが真剣に家具制作に取り組んでいます。日常の仕事・生活から少し離れ、個となり無となり手を動かし、創造する喜びを感じることが、かけがえのない時間になっている方たちが集まっています。

使用する大工道具

教室で使用する大工道具は人数分用意してあります
手道具を持っていない方でも気軽に始められます
ある程度手加工ができるようになってきた段階で、希望する方は少しずつ手道具を購入していきます
多くの手道具は正しく使えるように しっかりと仕込む必要があります
教室の中で仕込みや調整も学んでいきます

木工機械・電動工具

家具を制作するのを全て手加工だけで行うのは困難なのが現実です
機械を使う必要も出てきますが、誤った使用をするととても危険です
木の性質に慣れ、手加工がある程度できるようになってきた方から、
安全な加工方法を学びつつ、少しずつ木工機械や電動工具も使用していきます

カリキュラム

1. 箱物の制作

鑿・鉋等の道具を使って、基本的なほぞ加工を練習します
ある程度加工ができるようになった後、あられ組みを使用した簡単な箱物を制作します

2. スツールの制作

立体的な造形物を作る課題として、スツールを制作します
決められた形ではなく、デザインすることから始めます
製図し、ミニチュアも作りながら、強度やバランスを考えることを学びます
鉋を多用し、一枚の板から立体的なスツールを削り出す楽しさや難しさも学びます

3. 自由制作

スツールの完成までで約1年になります
2年目からはいよいよ自由制作です
機械を極力使わない指物的な小物制作、デスクやテレビ台といった家具、椅子のような造形物、
人それぞれいろいろな物にチャレンジしています

4. 本格的な基礎練習

木工のお仕事をしている方、プロを目指している方も通われています
「刃物の研ぎ」「道具の仕込みや調整」「加工精度の向上」などに専念し、学んでいく方も歓迎します

ご挨拶

木工教室を開催して10年を迎えます。
これまで多くの方に「木工の楽しさや奥深さ」を伝えてきました。
  ・木工を生業にしている方(家具職・大工・楽器職人など)
  ・木工のプロを目指している方(職業訓練校生・大学生など)
  ・木工という職業に興味を持っている方
  ・ものづくりに携わる職業の方(設計士・デザイナー・加工技術職など)
  ・木部を仕事に活かしたい方(革作家、タイル作家、陶芸作家など)
など、木工に関連する方が多く通ってくれています。
また、こうした方々だけでなく
  ・ものづくりをする時間を持ちたい
  ・自宅の家具を自身で制作したい
  ・リタイア後の趣味やライフワークにしたい
  ・子供に家具を作ってあげたい
などの目的で通われている方もたくさんいます。

「本格的な家具材を使用し、正しく家具を作る方法を学べる木工教室」として取り組んできました。
東京近郊からだけでなく、山梨や長野など遠方から通われている方もいます。
また、開講当初から10年間通い続けられている方も何人もいます。

この10年間、多くの人に出会い、私自身も「皆さんが必要とする木工」を分かり易く伝える方法を学びました。
当教室に通うことで、「木工の楽しさや奥深さ」を感じていただき、仕事や生活を豊かにする一助になってもらえればと思っています。

目的を果たし、家具職人なったり、独立したり、家具の訓練校に行くなどし、活躍されている姿を見ることは嬉しい限りです。
趣味として取り組まれている方が「木工は楽しいです」と言ってくださることは、木工を生業とする者として嬉しく思います。
通う方同士のつながりも増え、木工談議に花を咲かせているのを見るのも嬉しいことです。

昨今、木製家具を自分で作るための書籍が数多く出版され、多くの人が気軽に木工を始めるようになりました。
鉋や鑿などの手道具や丸ノコなどの電動工具もホームセンターやインターネットで簡単に手に入るようになり、直ぐに使えるものと
思われがちです。
しかし、プロとして木工を生業にしていても、鉋を正しく使えないままの日々の仕事をしている人も少なくありません。
また、箱物は作れるけど、椅子を作るための知識や技術を持っていない方もいます。

そんな方々が必要とするものをお伝えできるよう、今日も教室を続けています!

教室のみなさんのブログ

生徒作品