アクロージュファニチャー

椅子の制作②/淺井

2015年2月2日

こんにちは。

制作の淺井です。

昔から「1月、2月、3月」を「行く、逃げる、去る」と表現するように、

ついこの前お正月を迎えたと思ったら、あっという間に1月が行ってしまいました。。

工房は本日もいつもと変わらずと稼働しております。

無題

前回の続きです。現在も椅子制作は続いております。

生産効率を図るため、約20脚分をまとめて制作しています。

たかだか20脚といっても、パーツ数では何百となるので、各工程での作業量が多くなります。

私たちの様な少人数体制の工房にとっては大変な仕事のひとつです。

分業化、効率化を考えつつも、集中を切らさぬよう心掛けながら作業を進めていきます。

今回はナラ、サクラ、ウォールナットの3樹種にて制作していますが、

それぞれの特徴を活かすために各樹種で部材の厚みを変えています。

このこだわりとひと手間で、製品の完成度は一段階上がります。

02

・ナラ材
部材の加工を終え、なんとなく椅子の形が見えてきました。

この後ホゾ加工、面取り、仕上げの工程を終えれば、いよいよ接着組立に入ります。

ここまでくれば、ようやく完成が近づいてきます。組み上げるのが楽しみです。

制作の様子は随時UPしていきますので、是非ご覧ください。

ブログ他、ホームページ内の更新も少しずつ進めています!

ページの先頭へ戻る