アクロージュファニチャー

椅子の制作③/淺井

2015年2月16日

こんにちは。

制作の淺井です。

椅子制作のつづきです。

幾つかの制作を並行して行っているため、なかなかひとつのものに専念という訳にはいきませんが、

もちろん都度集中し、丁寧に作業を進めています。

そのためには頭の中の整理と切り替え、工程の把握が重要になってきます。

作る瞬間だけが木工ではないということですね。

さて、椅子の制作も終盤を迎えました。

加工、面取り、仕上げを終え、脚部に関しては大まかな加工は完了です。

001

ここで一度仮組みをします。部材の組み合わせの決定、ホゾの確認等々のチェックを行います。

問題無いことを確認したら、いよいよ接着です。

左右脚→立体と組み上げていきます。この時、歪み、ねじれを無くす様に調整しながら圧締します。

001 009

【接着完了】

無事組み上がり、ひと安心です。。

ここまでくると、もう椅子にしか見えませんねw

改めて一連の加工工程を振り返ると、改善点や効率化を図れる余地が見えてきます。

ここで感じたことを次に活かすことが、なにより大切です。

次回は笠木(背もたれ)の制作~をご紹介します。

ページの先頭へ戻る