アクロージュファニチャー

和室の修繕

2013年5月30日

DSCN5852

先日、顧客様の和室の修繕と納めてきた家具のメンテナンスをして来ました。

家自体は設計事務所と工務店が建てた物ですが、木部のメンテナンスは

アクロージュファニチャーにご依頼いただいています。

木材についての知識が豊富な私たちは適任かも知れません。

 

和室の木サッシは広葉樹のタモ材で制作しているので、表面が腐朽してきました。

針葉樹の赤松とかで制作していれば、ここまで汚れてしまうことは無かったのですが…

床板もなぜか突板(つきいた)なので、傷付いてしまったところは下地材が見えていました。

出来る限りきれいに直します。

 

洗いは基本的に水だけで丹念に汚れを取り除きます。

それが一番木を傷めませんが、なかなか地味で根気のいる作業です。

きれいになったところで、植物油で油分を与えます。

日光に当たった木材は本来保持していた油分が抜けていきます。

定期的に油分を与えることが長持ちの秘訣です。

 

お納めしている数々の家具も合わせてメンテナンスしました。

ペーパーを当て、汚れを落とし、植物油で塗装し直します。

2日間に渡る目立たない地味な作業でしたが、お客様には喜んでいただけました。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る