アクロージュファニチャー

火鉢の修理

2014年10月7日

DSCN7068

火鉢の修理をお受けしました。

長年、蔵の中に置かれている間に虫に喰われ、無数の穴が開き、一部の内部が朽ち始めていました。

完全には直せないところまで傷んでいましたが、出来る限りの努力をするお約束をし、取り掛かりました。

DSCN7090

この火鉢は、大きな木の切り株の内部をくり抜き、銅板を貼ったものです。

まずは無数に開いた穴の内部を清掃し、防虫剤を注入します。

防虫剤自体、無害では無いので、健康に害のないまで乾燥させるため、2ヶ月くらい陰干ししました。

防虫剤が抜けた後は、特製のパテでひとつひとつ穴を埋めていきます。

一回できれいに埋まる訳ではないので、埋める作業を何度も繰り返します。

これが今回の一番の作業で地道な穴埋めが何日も続きます。

DSCN7277  DSCN7274

最後に塗装します。

色味を見ながら、何度となく塗装し、風合いを出します。

大きく朽ち落ちていた箇所もきれいに埋まり、虫食いとは気付かない程度には修繕できたのではないでしょうか。

火鉢内部も清掃、塗装した上で、お納めしました。

祖先が大事にしていた物がきれいに戻り、喜んでいただけました。

 

ページの先頭へ戻る