アクロージュファニチャー

その他

オーダーメイド 行燈【焼き木仕様】

樹種:チーク、その他
使用素材:アクリル、ワーロンシート、その他
仕上:焼き加工、オイル仕上げ

サイズ:H450 × W170 × D170

神楽坂駅から赤城神社に突き当たり、右に折れ、
さらに右に折れたすぐのところに
一件のお蕎麦屋さんがあります。

今回は以前、お店のテーブルの仕様変更をさせていただいた、
神楽坂の手打そば屋「大川や」さんから行燈のご依頼です。

サイズのみお伝えいただいてデザイン、仕様等は
お任せいただきました。
参考にしていらしたお写真を拝見し、
アクロージュファニチャーのデザインに落とし込んでいきます。

屋外に置かれるので風などで倒れないように
下に重心を持ってきます。
厚みおおよそ90mmある厚板をそのままベースにしました。

熱逃がしとさり気ない木漏れ日効果を狙って
本体との間に隙間を作っています。

取っ手はシンプルに。
小さいですが重みはかなりあります。
天板下からネジをもみ、しっかり固定しました。

全体がカクカクとしたイメージですが、
取っ手に多少の曲線を持たせることで高級感が増します。
シンプルなものは細部のディテールがより大事になります。

電球をご自身で取り替えられるように
背板の取り外しはできるだけ簡単にする必要がありました。

構造・サイズ上、出来ることは限られていますが、
その中で最大限、「シンプルに美しく」を目指し、
かつ取り外しもワンタッチでできる仕様になりました。

雨の侵入も極力抑える構造になっています。

三方はアクリル板です。
前面のみタイトルサインをプリントしています。

サインの配置や、大きさも何度か修正を繰り返し、
ご納得いただけるデザインになるまで詰めていきました。

内側にはワーロンシートというものを入れています。
和紙の表面に塩化ビニル樹脂を施した耐久性に優れた素材です。
和紙の質感でありながら破れにくく、水に強く、
防炎性も兼ね備えています。

木部は全体に焼き加工を施すことで表面を炭化し、
耐久性を上げています。
昔ながらの方法です。

雰囲気もとてもよくなじみました。

夜はこの行燈がお店の道しるべになります。

大切なサインをお任せいただいたことに感謝いたします。

ページの先頭へ戻る