アクロージュファニチャー

修理・修繕

ナラの袖付きデスク 修繕・再塗装

大きな袖付きデスクの修繕と再塗装です。

まずは修繕です。
古いものですが、大きく破損している部分はありませんでした。
すこし欠けてしまった部分に似た木目を探し貼りつけ、
外れていた引き出しのすり桟を付けなおしました。

デスクはねじ止めはなく、手で解体できるようになっています。
本体にそのための加工が施してある、とてもしっかりとした造りです。
無垢の家具ではありませんが、今、この家具を購入したら
いったいおいくら…!というような代物です。

多くの部分がナラの化粧合板でできているので
サンドペーパーで既存の塗膜をはがしてくのはリスクがあると判断し、
剥離剤を使用していくことになりました。

剥離剤は長時間接触していると
木部そのものを侵食してしまうおそれがあります。
そのため、効果が得られてから最短で洗い流す必要があります。

部分的に塗布してはがしては流し、を繰り返していきます。

大部分をはがし終えた状態です。

合板の化粧板を傷つけることなく塗膜をはがすことができました。
ここからは塗装前の仕上げ作業になります。

塗膜はほとんどはがれきっていますが、
全体としてはまだむらがあります。
残った塗膜をはがしつつ、表面の状態を整えていきます。

このデスクは元はクリア塗装で仕上げられたものでした。
この再塗装で、ご依頼主様の現在のインテリアに合わせて
色を暗くすることになっていたので、色むらを防ぐため、
細部まで均一にサンドペーパーをかけていきます。

いくつかの色を重ね、
ご依頼主様がお持ちのインテリアの色に近づけていきました。
引き出しと扉の金具は新しいものに付け替えています。

いわゆるナチュラルな色味から落ち着いた色合いに代わり、
重厚感も増しました。
色が揃ったことで同じお部屋で使用されていたイージーチェアや、
スピーカーとの一体感もうまれ、
全体としてまとまりのあるインテリアとなりました。

ページの先頭へ戻る