アクロージュファニチャー

修理・修繕

ソファ修繕 張り直し

ソファの張り替えのご依頼をいただきました。

お住まいのリフォームを進められいる最中で、
改めてまた使用したいということでお預かりしました。

数十年前のもので、クッション部分は布地が破れてしまっている状態でした。

木部は大きく破損している部分はなく、
今回は布地の張り替えと木部の再塗装です。

背もたれ部分は枠を取り付けた後に布地をかぶせているタイプです。
椅子張屋さんの見本用に一脚残して布地をはがしていくのですが、
中身の状況がわからないものを解体しなければいけないときはいつも緊張します。

特に問題はなく、無事、はがすことが出来ました。

木部はチークかと思われます。
もともとの塗膜も薄く、木地そのもののような仕上がりです。
かなり深い日焼けがありますが、表面のみサンドペーパーをあて、
雰囲気を壊さないように再塗装していきます。

修繕完了です。

布地を張り替え、木部を仕上げなおしたことで
改めて使用できるものになりました。
経年変化で得た木部の日焼けも風合いとして家具の価値を高めています。

二人掛けソファの背もたれをとめていたねじをとりつけ、
修繕前と同じように頭をまるく整えた木栓を埋めて仕上がりです。
細かい部分ですが、こういったところに
デザイン、制作をした方の心意気を感じます。
平面で仕上げてしまうのが一番簡単に決まっているので。
敬意を表して再現しました。

リフォームお疲れさまでした!
生まれ変わったソファでゆっくり休んでください!

ページの先頭へ戻る