アクロージュファニチャー

テーブル・椅子・ソファー

オーダーメイド家具  ダイニングテーブル【栗/クリ】四隅脚 無垢

【樹種】栗/クリ(無垢材)

当工房オリジナルの4隅脚テーブルのご依頼をいただきました。
通常はナラの柾目材で制作しているものですが、すでに設置されているキッチンカウンターに合わせて今回はクリ材での制作です。

普段と樹種も違えば木目の仕様も違い、板目木取りです。
柾目材は木目が通直でできるだけ近い色みや、木目幅を揃えて合わせると全体がまとまり、すっきりとした印象になります。
ご依頼はクリ材の板目材3枚接ぎということで、4隅脚では珍しい仕様になります。
また、普段の板目材でのテーブルはブックマッチと呼ばれる方法を多く用いますので、ルールが決まっています。
今回はブックマッチ材と、もう1枚の計3枚の板目を1枚の中にバランスよく配置するために木取の作業に時間をかけます。

板を接ぎ合わせ、サイズを切り出すと仕上げに入ります。
クリは木目がはっきりしていてかつ、堅い材というわけではありません。
サンドペーパーで仕上げる際も、平面をしっかり出した面で当てていかないと、すぐに木目に沿って凹凸ができてしまいます。

また、柾目より板目のほうが反りが生じやすいということもあって脚部にも補強を入れます。
通常は天板下の幕板を木部のみで反り止めにしますが、こちらは金物を仕込みました。
寸法をより攻めて制作した場合にも同じ方法をとったことがあります。
天板が設置されれば表からは見えないようになっています。

両サイドはブックマッチになっていて真ん中に大きく木目の異なる1枚が挟まれています。
塗装が施された状態をみて、初めての板目での制作に少し不安があった我々も納得の出来栄えになりました。

カウンターと合わせて木目の美しさを存分に味わえるテーブルになりました。

ページの先頭へ戻る