アクロージュファニチャー

テーブル・椅子・ソファー

オーダーメイド 丸太のこたつ【杉/持ち込み材】

サイズ W1100×D910×H380

樹種 杉、ヤチダモ無垢材

所縁のある杉の丸太からこたつを作ってほしい、という面白いご依頼を頂きました。
確認した材料は入り皮や割れが激しく崩壊寸前の丸太でした。
こたつのつくり自体はシンプルですが、決して簡単で楽な制作ではありません。
崩れない様に持ち運びや全ての工程に神経を使います。

スライスされた丸太を工房に持ち込み、テーブルに使える様、更に厚みを整えていきます。
木工機械では加工できないため、チェーンソーや電気鉋等を使い、人力で厚みや平面を出していきます。
材料が柔らかく、全面が木口面になるため、もげずに表面を綺麗に仕上げきるのは、中々骨の折れる作業になります。

崩壊しない様に補強を施し、割れのひとつひとつを丁寧に埋めていきます。
テーブルトップになるので、凹凸が出来る限り小さくなるよう、埋めて、整えてを繰り返し行います。

仕様がこたつなので、毛布が挟めるよう、脚が付属する中天板を別途制作します。
丸太の形にあわせて模り、脚の位置を決めていきます。
まるで島のような複雑な形状なので、縁を仕上げるだけでも想像以上の時間が掛かります。

曲線が特徴の天板なので、脚は丸脚に、中天板を少し小さめにすることで毛布が飛び出ないようにしました。
樹皮も綺麗に整えます。

加工終了後、天板の塗装を繰り返し行います。塗っては乾かし、塗っては乾かしを1週間以上かけて行っていきます。
見違えた仕上がりに大変満足して頂けたようです。
思い入れのある木から作られるオーダー家具は尚のこと価値のある存在になってくれるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る